パティスリー・ミミ (mimi) 大府/洋菓子

パティスリー・ミミ   ☆4
愛知県大府市柊山町8-53-3 533ホーリーヒルズレジデンス2 1F   0562-38-7660
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜日、水曜日、木曜日
駐車場 有
イートイン オープン予定
ホームページ
facebook
instagram



ローラン・デュシェンヌの記事を書いたのでこちらのお店を書いておきます。
2017年1月21日にオープンしたパティスリー・ミミ
大府市の柊山(ひいらぎやま)というところに出来ました。
シェフはローラン・デュシェンヌなどで修行とのことで、ヴィヴィエンヌにも勤めてたんでしたっけ。
オーナーはシェフのお兄さん?っぽいですね。
生菓子などは事前の写真などの情報から食べる気がしなかったんですが、ちょっと前から流行ってきたBean to Barのショコラを製造しているとのことで少し気になり、このショコラを目当てに行きました。しかし無かった!(笑)
OLYMPUS PEN E-P3




ショーケース
ショコラが無かったので生菓子を。
当初、「本場フランス洋菓子の美味しさを」、「皆様に本格フランス洋菓子を食べていただきたい」などとホームページかfacebookに書いてあったけど、今ホームページ見ると「本場パリの洋菓子の味をそのまま伝えるのではなく」と書いてありますね。
本場フランス洋菓子ってなんだろ?って思いますけどね。パリにあるヤマザキとかそういうこと?
まあ、それは置いといて価格は税込500円前後。
ショコラ系の品はいくつかありますが、Bean to Barのショコラを使った品はフォンダンショコラのみ。フォンダンショコラは食べる気がしなかったので他の品を。
iPhone 5s



タルトシトロン 453円(税込)
やや卵臭いクリーム。シトロンの香りがない。
フランスでタルトシトロンはどこのお店にも必ずあるくらい定番の品なのでシェフも散々食べていると思うんだけど、それでどうしてこの味で許せるのかが本当に疑問です。タルト生地も香り味わいなく美味しくないし。
日本だからしょうがない?いや、近いものは再現できますよ。
「そのまま伝えるのではなく」というのは不味くするということなの?
OLYMPUS PEN E-P3



サントノーレ・フレーズピスターシュ 518円(税込)
ピスターシュはロースト系オンリーの味で、きな粉味。これもね、フランスの使い方は違うんですよ。フランスはアロマティックに香ります。
イチゴジャムも自家製らしいけどアヲハタとか思い出すような明るさのない甘ったるい味で不味い。中のクリームもチープな味です。
ピスターシュの味もこれだし、甘重ったるく残念な品です。
シューも香り悪いし、やや魚系。
OLYMPUS PEN E-P3

とりあえず、基本的な部分の美味しさはありませんし、フランス菓子の要素も全く感じません。洋菓子として美味しいかといえば、美味しくないんですよね。やっぱり嫌な香りとかしちゃダメですし。洋菓子=不味いではないですし、洋菓子だから不味くても良いというのも違いますよね。
冷凍卵黄とか使ってるのか知りませんが、卵の生臭さ、魚っぽさなど気になりましたしね。そういうものを使ってなかったとしても卵によっては臭いますけどね。

もしフランスでこのクオリティのお店に出会ったら☆1付けちゃいますね。
まずはきちんと美味しいものを!

関連記事

COMMENT0