デ・ガトー・エ・デュ・パン パリ/パティスリー その4 ~フランス旅行2015年10月 1日目~

Des Gâteaux et du Pain (デ・ガトー・エ・デュ・パン)   ☆8
63 Boulevard Pasteur, 75015 Paris, France   +33 1 45 38 94 16
営業時間 9:00~20:00 日曜日は18:00まで
定休日 火曜日
テイクアウトのみ
ホームページ
facebook
instagram
twitter



パリに着いてから早速デ・ガトー・エ・デュ・パン(Des Gâteaux et du Pain)へ。
ホテルから歩いて10分ほどでした。
いつもよりパリに早く着いたので初日からパティスリーに行けて嬉しい。
食べたのは夕食後です。

LE MONT BLANC CASSIS 6.2€
パートサブレにカシス、焼いたムラング、マロンクリーム、生クリーム。
マロンクリームは渋皮のようなビター感のある味わいでしっかり濃く旨い。栗とカシスの組み合わせは日本でもよく見ますが、相乗効果などの驚きはない。
しかし、さすがにフランスのお菓子!軽やかな乳製品の香りの伸びがすごい。
OLYMPUS PEN E-P3




LE BABA AU RHUM 6€
めちゃ重い。味のことではなくて重量的にです。
クリームは黒糖っぽい味わいに感じる。シロップは柑橘系の香りとラム。
明るく爽やかな香りが良いなぁ。生地もフランスらしく力強く主張して旨い。
フランスで食べるべきお菓子はいっぱいありますが、ババも食べないといけないです。日本と全然違います。
OLYMPUS PEN E-P3



LE CHAUSSON AUX POMMES 2.5€
甘ったるくない爽やかなリンゴと軽やかな生地。
日本のものってほとんどが甘ったるいだけですが、フランスで食べるリンゴのお菓子はほんと爽やかで明るい味わいです。
OLYMPUS PEN E-P3



LE MINI KOUGLOF 2.4€
底の部分はちょっと焦げ気味だったけど、軽やかながらふくらみのあるバターの香り。
シンプルに美味しい。
OLYMPUS PEN E-P3

素材の組み合わせによる驚きなどは特に感じませんでしたが、個々の生地やクリームなどが美味しいし、いきなりフランスのポテンシャルの高さをすごく感じました。
でも、このお店のおすすめはケーク類ですね。これは日本に持ち帰りたい。

初訪問時はあまり良い印象はありませんでしたが、ほぼ観光の旅行でしたし、日本の似非フランス菓子などに飼いならされていたこともあって気付けてない部分も多かったと思います。

フランスと日本での評価の基準は別です。
簡単に言うと、このお店の評価は現在☆8ですが、もし日本でこのクオリティのお店があれば☆10になると思います。
日本と同列に評価をつけると☆10が多くなり差が分かりづらくなるのでそうしてます。

フランスのお店は生菓子が普通でもケークなど焼き菓子がめちゃくちゃ旨いとか、クロワッサンが旨いとか、惣菜が旨い(笑) とか何気なく買ったものがとんでもなく美味しかったりすることがあるので評価をつけるのが難しいです。
いつか、そういうものをまとめた記事も書こうと思います。

デ・ガトー・エ・デュ・パン 記事一覧はこちら

フランス旅行 2015年10月 記事一覧はこちら

関連記事

COMMENT0