アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ 清里/フランス菓子 その3 山梨お出かけ

アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ   ☆7→☆8
山梨県北杜市高根町清里3545-265 ともにこの森   0551-48-5633
営業時間 11:00~18:00  月曜日10:00~17:00(テイクアウトのみ ※祝日はイートイン可)
定休日 火曜日、水曜日(祝日の場合は営業)
駐車場 有
イートイン 有
ホームページ



タラ・マウンテンスパイスで美味しいカレーを食べてから清里へ。
清里といえばもちろんアン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュが目的だ。
OLYMPUS PEN E-P3




店内
前回訪問から5年も経っているのか。
OLYMPUS PEN E-P3



ショーケース
価格は「本体価格¥○○○+税」という表示でしたが、税込みで書いておきます。
かなり久しぶりの訪問だったが、ラインナップはほとんど変わってないかな。
価格は税込み540円前後という感じかな。
OLYMPUS PEN E-P3



こちらは焼き菓子。
いくつか購入しました。
OLYMPUS PEN E-P3



テラス席
OLYMPUS PEN E-P3



店内イートイン席からの景色
こんな景色を見ながらゆっくりお菓子を食べる。
OLYMPUS PEN E-P3



エクレール・カフェ 432円(税込)
しっかり甘さを感じる。生地もクリームもきっちり美味しい。
OLYMPUS PEN E-P3



ミルフィユ 486円(税込)
香ばしく美味しい生地とコクのあるクリーム。美味しいね。
欲を言えばもっとバニラが香ってくれると嬉しいけど、かなり美味しいミルフイユです。
OLYMPUS PEN E-P3



スリー 540円(税込)
このお菓子はいろんなお店で食べたけど、ここのなかなか香りが良い。
生地も味わいがあるし美味しいです。
ドゥニさん時代のパリのジャン・ミエのものがやはり一番香りの印象が強いですけどね。あれもう一度食べたいなぁ、無理なんだけどね。
OLYMPUS PEN E-P3



アカピュルコ 561円(税込)
このお菓子もいろんなお店で食べたことがありますが、どこで食べてもそんなにパッとしない印象です。
いや、もちろんちゃんと美味しいんだけどイルプルのお菓子としてはもっと上を求めたくなる。
まあ、古いお菓子(確か30年以上前?)だし、色々補正などした方が良いだろうね。
ショコラはペックの味じゃなかったしカカオバリーかな?ちょっとなつかしい感じの味。
OLYMPUS PEN E-P3



レモンのクラフティ 518円(税込)
さすがに酸っぱいだけじゃなく、香りがある。他の店だと酸っぱいだけで香りないもんね。鉄っぽさや卵臭さはあったりするくせに(笑)
バニラなどきいたリュバーブのコンフィチュールが敷いてあり、ほんのり生姜を思わせるような香りも感じる。
当たり前に生地も美味しく、しっかり甘いが美味しい品です。
OLYMPUS PEN E-P3



コーヒー 432円(税込)
珈琲焙煎工房2+1というお店の豆を使ってるみたいです。
個人的には煎りすぎた感が強い豆で好きじゃないし、その強い焙煎香だけが主張してコーヒーとしての美味しい香りや味わいは弱いかな。
OLYMPUS PEN E-P3



ラベンダーのリーフパイ 291円(税込)
これ結構好きでした。もっと買ってこればよかったなと。
ラベンダーの香りがうるさいという感じもなく絶妙で香り良くとても美味しい。
ラベンダーとオレンジペーストも加えてあるようです。
OLYMPUS PEN E-P3



ガレット・ブルトンヌ 291円(税込)
ザクッと食感良く、シンプルで味わいがある。きっちり美味しいです。
ありがちな卵の魚臭さなども、もちろんない。
OLYMPUS PEN E-P3



マドレモン 226円(税込)
マドレーヌでありがちな水分持っていかれるような変な食感やパサツキはない。
そして香りがとても良い。フランスらしいレモンの香りがありとても美味しい。この辺りはさすが。
OLYMPUS PEN E-P3



ジンジャー・クッキー 561円(税込)
ほのかにシナモン、生姜もしっかり主張し香りが良い。
OLYMPUS PEN E-P3

ラインナップがほとんど変わらなかったり、昔のレシピのものが多いからなのかちょっと物足りない部分があったりなど少しモヤモヤした感じはありますが、きっちり美味しいですし、このレベルのお菓子がこんな観光地で食べれるというのは奇跡かも。
清里方面へ行かれる方は是非行ってみてください。

アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ その1 記事はこちら
タルト・カンパーニュ・ブルーベリー編、ショコ マントゥ、フォレ・ノワール

アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ その2 記事はこちら
ミルフィユ、エクレール・カフェ、クミンのチュイル

アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ その3 記事はこちら
エクレール・カフェ、ミルフィユ、スリー、アカピュルコ、レモンのクラフティ、ラベンダーのリーフパイ、ガレット・ブルトンヌ、マドレモン、ジンジャー・クッキー

アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ 記事一覧 (コジータism) はこちら
 

萌木の村
山梨県北杜市高根町清里3545   0551-48-3522
ホームページ


アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュからそのまま歩いて萌木の村をぶらり。
OLYMPUS PEN E-P3



セグウェイ集団。
OLYMPUS PEN E-P3

萌木の村はお土産屋とか雑貨が色々あります。
せっかくなので見てまわるといいでしょう。


2015年8月 山梨お出かけ 記事一覧
・丸山珈琲 リゾナーレ店
・タラ・マウンテンスパイス
・アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ
・アルチザン・パレ・ド・オール
・まきば公園 八ヶ岳牧場 ~ 杖突峠展望台
・寝覚の床 (ねざめのとこ)
・え~が屋ぁ

関連記事

COMMENT0