アシッドラシーヌ (acidracines) 大阪/ケーキ その1

アシッドラシーヌ   ☆評価せず→☆6→☆5 (2014年11月 ☆6、2017年1月 ☆-1)
大阪府大阪市中央区内平野町1-4-6   06-7165-3495
営業時間 11:00~20:00
定休日 水曜日、木曜日(祝日の場合は変動あり)
駐車場 無
テイクアウトのみ
ホームページ
お店のフェイスブック



2013年3月10日にオープンしたアシッドラシーヌ
ケ・モンテベロの初代シェフを務めた橋本氏がオープンしたお店です。
ヒロシ魔人が焼き菓子を買ってきてくれました。

ちなみに、ケ・モンテベロのシェフを引き継いだ逢坂氏は先月末に辞めちゃったみたいですね・・。
逢坂シェフのお菓子を食べてみて「オーナー(岩永氏)の求めてそうな味じゃないよね。」とは思ってましたが、まあ関係ないかもしれない。色々あったんでしょう。

フィナンシェ・キャラメル 180円
キャラメルは思ったほど強くなく、やさしめ。
コーンスターチが原因なのか粉っぽさがある。入っててもそのように感じないものもあるから分からないけど、入ってると粉っぽく感じることが多い。
グッとくる味わいが無いし、この仕上がりだとキャラメルの必要性が感じられなかった。
RICOH GR DIGITAL



マドレーヌ 160円
レモンの香りは鋭角的に感じられて良い。
味は悪くないけど、食感はパサついて口の中の水分がもっていかれる。
RICOH GR DIGITAL



ガレット・ブルトンヌ 170円
すごく香りがわざとらしいと言うか、嫌らしく感じる。
大手菓子メーカーのクッキーを思い出すような香り。
これは今回の中で一番美味しくない。
RICOH GR DIGITAL



サブレナンテ 180円
普通に美味しいが旨みに乏しく、塩が結構強め。
でも、今回の中では一番良いかな。美味しくはないけど。
RICOH GR DIGITAL

とりあえず、モンテベロ時代と全く違う味。もちろん違ったっていい、だけど美味しいとは言えない味だから残念。
もしかしたら、橋本氏はモンテベロ時代は焼き菓子をほとんどさわってなかったのかな?そんなふうに思ってしまうクオリティでした。
モンテベロの焼き菓子が好きだったんだけど、もしかしたらオープニングからいたパティシエール(現在フランス)の実力だったのかな?なんて思ってしまいました。勝手な想像ですが。

焼き菓子は購入する気になれないですが、生ケーキも一度食べてみようと思います。
今回、お気に入り度を付けるとするなら☆5という感じですが、生ケーキを食べてみたいですし評価せずとしておきます。

これからに期待したいお店ですね。

アシッドラシーヌ その1 記事はこちら
フィナンシェ・キャラメル、マドレーヌ、ガレット・ブルトンヌ、サブレナンテ

アシッドラシーヌ その2 記事はこちら
ノラ、タルトタタン・トロピック

アシッドラシーヌ その3 記事はこちら
サンギーヌ、タルト・フランボワーズ・ド・ロンス、フィナンシェ、ケーク・エコセ

関連記事

COMMENT4

1消費者  

No title

食べログさえなければ逢坂シェフが辞めることはなかったのかもしれません
色々と考えさせられました

ナポリタン  

No title

モンテベロへは隣へパンを買いがてらよく行っています。

モンテベロで橋本シェフ時代から焼菓子を担当していたのは、現在フランスにいるパティシエールとは別のパティシエールですが、そのパティシエールも3月末にモンテベロを抜けました。詳細は分かりませんが、そのパティシエールが次に働く店は名古屋だそうですよ。

今回の記事には関係ないかも知れませんが、タイムリーなネタだったのでコメントさせて頂きました。

コジータ  

No title

1消費者さんへ

よくわかりませんが、そうなんですか?
もうちょっと頑張って欲しかったですね。

コジータ  

No title

ナポリタンさんへ

モンテベロ、よく行かれてるんですね。

焼菓子を担当していたのは別のパティシエールさんなんですね。
現在フランスにいるパティシエールさんはオーナーの求めるフランス菓子の味にビシッと合わせてくることができたという話を聞いたことがあるので、そう思ってました。

3月末に辞められたパティシエールさんが名古屋のどこに行かれたのか気になりますね。